2013年07月号(Vol.202)小学高学年生デイトリップ ボーリング大会

有限会社ハース
  • 池袋スクール 03-3989-2111
  • 川越スクール 049-224-8641

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F

〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

ブログ

2013年07月号(Vol.202)小学高学年生デイトリップ ボーリング大会

バックナンバー

2013/07/01 2013年07月号(Vol.202)小学高学年生デイトリップ ボーリング大会

 今年度、小学校の高学年は森林公園でのサイクリングを予定しました。しかし、当日は雨。今回も、3年連続のボーリング大会となりました。今年こそはと、てるてる坊主に願をかけましたが叶いませんでした。今回の参加者は生徒22名、スタッフ5名でした。


スタンプなんか関係ない?!

 今回、小学校高学年のデイトリップは、スタンプシステムを使わない試みに挑戦してみました。昨年は、英語を話す度にカラーリングがもらえるというシステムを試してみました。しかし、”I got 5 pins. (5ピン、たおしたよ)といった同フレーズを異なった先生に言ってリングの数を集めたりする光景が多々見られました。高学年の多くの生徒さんたちは、普段でもジャーナル等を通してもっと高度な英語を話しています。英語を使うことよりも、スタンプやカラーリングを集めることに意識が向き過ぎては報酬システムの弊害になってしまいます。

 そこで今回、もっと自然な会話を楽しんでもらえるように一切の報酬システムをなくしてみようということになりました。このことにより、英語の飛び交う量が減るのではという不安もありましたが、全く危惧に過ぎませんでした。参加者はただ楽しさを求めて参加しているのではないという意識の高さが伝わってきました。ついうっかり日本語が出てしまうということはあっても、基本的には英語を使おうという姿勢が身についています。

 毎年参加している小5の女の子は、「今年の方がスタンプがある時よりも、いっぱい英語が話せました」と素直な感想を述べていました。年齢の低いレベルではスタンプシステムがとても有効ですが、高学年で高レベルになってくると、もっと会話そのものを楽しみたいという意識が高まってくるようです。とても喜ばしい試行結果となりました。

 午前中はボーリングを2ゲーム楽しみ、お昼は池袋スクールで食べました。午後はゲーム大会です。3年連続で申し込んでいただいている生徒さんたちにも、今までとは違った楽しさを味わってもらおうとスタッフもいろいろなアイディアを検討しました。そのひとつがStaff Bingoです。スタッフを変装させ、オリジナルのビンゴシートを作りました。縦、横、斜めで一列に並ぶと”Bingo”です。このビンゴゲームは予想以上に盛り上がりました。生徒たちは2人一組になり、”Bingo” を得るために、それぞれの写真を英語で説明しなければなりません。

例えば、
“Jet with yellow hair”(黄色いかみの毛をしたジェット)
“Katherine with a mustache.”(ひげをつけたキャサリン)

といった感じです。みんなで大爆笑しながらゲームを楽しみました。
 では、参加者および保護者の声を紹介させていただきましょう。


●森林公園でアスレチックやサイクリングをするのを楽しみにしていたので、当日の雨で「行かない!」と泣いたり、怒ったりしている姿を見て、ボーリングが楽しめるのかなぁと心配でしたが、とても元気で楽しそうに帰ってきました。ボーリングの結果を気にすることなく英語で楽しい時間を過ごすことができたようで良かったです。デイトリップでこの時期の森林公園は雨の確率が高いので、できたら他の時期にお願いしたいなぁと思います。
         (茉央ちゃん<8才>のお母さん)




●今回、初めてのデイトリップに参加しました。今年の4月から英語を習い始めたばかりなので、愛茄は、とても緊張している様子で出発して行きました。4年生になってから習い始めたので英語を人の前で話すという事が恥ずかしいと感じているようでしたが、デイトリップの英語を毎日練習し、帰ってきてから日常の中でも英語を使うようになりました。普段の室内でのレッスンと違い、デイトリップでは英語だけでなくなにか愛茄の心境を変えるものを学んできたようです。参加させて良かったです。
       (愛茄ちゃん<9才>のお母さん)



 孔雅君(小5)は、英語で感想文を書いてきてくれました。
(訳)今月のデイトリップ、ボーリング大会でぼくはストライクをとりました。そのストライクの後に、とてもおどろいたことがおこりました。投げたボールガーターレインに落ちてしまったのですが、そのボールがコースに戻り3ピンたおしたのです。おどろいてしまいました。ゲームの後、大きなボトルのジュースを買いました。一人で飲みきれないと思ったのでJeth に分けてあげ、Jethとかんぱいをしました。お昼はとてもおいしかったです。午後のゲームも楽しかったです。最高の一日でした。


◆前日まで実施できそうな天気予報でしたので当日の雨には私たちスタッフもがっかりでした。「またボーリング?」という声もありましたが、みんなとてもハッスルして楽しんでいたようです。
 来年度、幼児、小学生低学年のデイトリップは水族館を予定しております。水族館は雨天でも大丈夫なので、小学校高学年のデイトリップと入れ替えてみるのも一案と考えています。皆さんのご希望などぜひお聞かせください。


編集後記
Lay it up for a rainy day. (まさかの時にそなえて蓄えておけ)

 もうだいぶ前の事ですが、デイトリップを予定していましたが当日雨のため中止にしたことがありました。「年に一度のデイトリップ、これをずーっと楽しみにしていたのに」という声をその翌週たくさんの方から聞きました。雨プログラムを用意するようになったのは、あの時の教訓です。今回の参加者の感想からも、雨プログラムもすごく楽しかったというたくさんの感想が聞けてとても嬉しく思います。
 

TOP