2011年09月号(Vol.181)英語でボーリング   デイトリップ・レポート

有限会社ハース
  • 池袋スクール 03-3989-2111
  • 川越スクール 049-224-8641

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F

〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

ブログ

2011年09月号(Vol.181)英語でボーリング   デイトリップ・レポート

バックナンバー

2011/09/01 2011年09月号(Vol.181)英語でボーリング   デイトリップ・レポート


英語でボーリング
デイトリップ・レポート

 今年第2弾のデイトリップは、小学2年生以上を対象に練馬区にある光ヶ丘公園でスポーツを楽しむ企画を予定していました。しかし、当日は朝方まで雨が降っていたため、雨の日プランとして用意していた「ボーリング大会」に変更しました。


ランチはホットドック作り

6月19日(日)、池袋スクールの生徒も川越スクールの生徒も朝9時に池袋スクールに集合しました。参加者は生徒30名、スタッフ10名でした。

池袋スクールでは、各グループ毎に自己紹介の後、ボーリングで使う英語表現の練習、ボーリングのルールの説明などを行いました。そして10時開店に合わせて、ボーリング場「池袋スポルト」に移動。ボーリングが初めてという子供たちも多かったようですが、レーンをガーター防止にしたため、安心してゲームを楽しむことができました。

英語も予想以上に飛び交っていました。ただし、英語を話す度にスタンプを押すことが困難なため、スタンプを押す代わりに先生がポイントをコールするという手法も取り入れました。結果的にはコールされたポイントを忘れてしまったり、ポイントのやりとりが不確かだったりと次回に課題を残すことになりました。

お昼は池袋スクールに戻り、ホットプレートでホットドッグ作り。自分たちで作った料理は味もまた格別だったようです。午後のアクティビティーはカードゲーム、ボードゲーム大会です。1グループを5名に再編成し、15分ごとにウノ、ハリガリ、ジンゴ、ゴーフィシュ、ニコバーガーの各コーナーを巡ります。初めてのゲームも多かったようですが、子供たちはあっという間にコツをつかみ、それぞれのゲームを楽しんでいました。


では、参加者、保護者の方の感想文を紹介しましょう。







■このところ、英語に対する姿勢がマンネリ化し、何か良い刺激になればと久しぶりに今回のデイトリップに参加させました。
当日、駅まで送った時は不安そうな顔をしていましたが、元来マイペースな息子でしたのですぐに皆と打ち解け、ボーリングやランチ作りなど楽しめたようです。少しは現状打破になったと良いのですが…。(笑)
水族館やテーマパークみたいなところへ行くといったデイトリップももちろん良いのですが、今回のような身近な内容のものもいいなと思いました。
(小5男子のお母さん)

■ニッセイトに入ったばかりなので心配して送り出しましたが、とても充実した顔で帰ってきたのでホッとしました。 「10ポイントためればいいんだよね」と言っていたのに結果は33ポイントをゲット!事前に私と「Day
Trip English」で受け答えを練習して、それを実際に使えたことが嬉しく自信になったようです。数日後に使うとなれば、必死に覚えるものなんですね。
アンケートに「自分のガンバリ度 100点」と書いてあったので、本人としてもかなり頑張ったのだと思います。楽しい一日をありがとうございました。
P.S.その晩、突然私に”How do you say *** in English?” “What color do you like?” などと聞いてきたのでびっくりしました。英語を話したいという気持ちでいっぱいだったのでしょうね。
(小3女子のお母さん)


編集後記
Variety is the spice of life.(変化は人生の香辛料)

変化のない人生はつまらないもの。新しい出会いや体験は人生を豊かにしてくれるスパイスになるということわざ。英語の学習にも同じことが言えるかもしれません。学習姿勢にマンネリ化が感じられたり、また逆に最近やる気になっている時など、普段とは違った学習方法を試みることで新たな面白さを発見できることも。現に参加者から頂いた感想文では、今回のデイトリップで「前よりももっと英語が好きになりました」という感想をたくさんいただきました。嬉しい限りです。



TOP