大学入試における英検の位置づけ

有限会社ハース
  • 池袋スクール 03-3989-2111
  • 川越スクール 049-224-8641

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F

〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

ブログ

大学入試における英検の位置づけ

まとめカテゴリースタッフブログ

2018/03/27 大学入試における英検の位置づけ

2018.03.27朝日新聞朝刊より

 

大学入試改革における外部試験の在り方が揺れているようです。大学入試改革における改革のポイントは4技能(話す・聞く・書く・読む)を測るための民間テスト採用です。しかし、東京大学は、受験生の公平性に欠けると見送りの決定をしました。

今回の決定では、英語の民間試験としての採用に従来の英検は1日で4技能を測定できないためふさわしくないと不採用が決まりました。ただし、英検協会は、1日で4技能を測る新しい試験をすでに実施しています。英検CBTです。今年の8月以降いは、毎月実施が可能です。

大学入学共通テストにおける英語の民間試験の審査結果、合格したのは、
ケンブリッジ英語検定

英検CBT

GTEC

TEAP

TEAP CBT

TOEFL iBT

TOEIC

*IELTS

(条件付き)

 

大切なのは、自分が目指す大学がどの試験を推奨しているかということです。
「備えあれば患いなし」

受験生はしっかり準備していきましょう。

 

2018-0327Asahi-12018-0327Asahi-2

 

 

 

ニッセイト英語専門教室

★池袋スクール
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F
★川越スクール
〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

体験レッスン・資料請求・各種お問い合わせはこちら
https://nissait.com/contact/

コース案内
https://nissait.com/course/

TOP