埼玉こども自然動物園 英語デイトリップ

有限会社ハース
  • 池袋スクール 03-3989-2111
  • 川越スクール 049-224-8641
本部事務局(営業のお電話はこちら):03-3989-2113

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F

〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

ブログ

埼玉こども自然動物園 英語デイトリップ

まとめカテゴリーニッセイトニューススタッフブログ

2019/07/09 埼玉こども自然動物園 英語デイトリップ


 5月26日(日)、幼児、小学生を対象とした英語デイトリップを埼玉こども自然動物園で実施しました。参加者は生徒49名、保護者22名、乳児1名、スタッフ15名、総勢87名での参加となりました。

 


猛暑日のデイトリップ

幼児、小学生のデイトリップは動物園と水族館を隔年で実施しています。今年は、動物園ということで、いくつか候補を検討しました。埼玉こども自然動物園へはこれまで行ったことがありませんでした。ネックになっていたのは、交通手段です。場所は、東武東上線の高坂駅から路線バスで10分くらいなのですが、バスの本数があまりありません。今回は、短距離ではありましたが、バスに乗れないリスクも考え、貸し切りバスを手配し企画しました。

 


今年は、デイトリップ実施にあたり、もうひとつ障害が発生しました。カレンダーはまだ5月にも関わらず連日30度を超える猛暑日となっていました。前日の土曜日には小学校で運動会を実施したところもありましたが、そのほとんどの小学校は時間短縮などで対応していたようでした。あまりの猛暑予想にお子さんの体調を考え、デイトリップをキャンセルされた方もいらっしゃいました。
埼玉こども自然動物園の魅力は広大な敷地です。人込みもそれほどありません。しかし、当日は天気予報通り真夏日。園内はアップダウンの起伏がいたる所にあり、体力の消耗も激しく、子供たちの疲労も見えてきていましたので、急きょ30分繰り上げての帰路となりました。

 


2019-0708
朱に交われば赤くなる

ニッセイトデイトリップの魅力は、野外で実際に英語を使う体験ができることです。園内はネイティブ講師と日本人スタッフが5~8名の子供たちのグループと行動をします。小グループを2人のスタッフが常に子供たちに英語で語りかけ、子供たちに英語のシャワーを浴びせます。そして、英語の発話を促します。また当日は、英語を使うとスタンプカードにスタンプを押してもらえます。このスタンプカードは、レベル毎に目標数が定められていて、目標数に達すると素敵な景品が用意されています。そんなゲーム的な要素に子供たちは恥ずかしさも忘れて英語を使おうと必死になります。中には恥ずかしがり屋の生徒さんもいますが、そんな生徒さんでもこのスタンプシステムに、徐々にエンジンがかかります。この日も参加者全員が目標のスタンプ数を集め、景品を手にしました。

 


子供の英語学習で大切なこと

子供たちの英語学習で一番大切なことは、学習のモチベーションです。日本の国内では、子供たちはほとんど「英語の必要性に迫られた」状況にはありません。そんな環境の中で、英会話を修得していくためには、いくつかの要素が必要です。
①「子供たちが、レッスンそのものを楽しいと実感できること」
②「子供たちが、英語が使えることで広がるワクワク感を体験できること」
③「上達段階に合わせて、適切なカリキュラムがあること」
イベントは上記②に該当します。年間を通して、こういったイベントがあることで、学習のマンネリ化が防げます。また、実際の英語が使えたワクワク感を体験できることで、学習のモチベーションが増します。

 

2019-0701


では、参加者の感想文、保護者の方から頂いたアンケート結果をご紹介します。

 

●まだ入会したばかりで難しいかなと思いましたが、ニッセイトの先生方とお友達になれるチャンスかなと思い参加させました。思った以上に英語を使えていて、また先生の発音を聴いてマネをしている姿を見て、まだ通い始めて数回なのに英語がすごく身についているなとビックリしました。たくさんの英語に触れられて良かったです。
(年中4才女子のお母さん)
●とても楽しそうに帰ってきました。行く前から動物の名前を楽しみながら覚えていたので、参加させて良かったです。(小1男子のお母さん)

2019-0709
●本人も私もとっても楽しかったです。ごほうびがもらえるというのが息子にはぴたりとはまって、親が驚くくらい英語を使おうという気持ちになっていました。動機はどうであれ、見ていて嬉しかったです。
最近、ニッセイトは難しくて嫌だということが多かったのですが、遠足がとても楽しかったようで「ニッセイト、好きー!!」と言うようになりました。
(年中男子のお母さん)
●毎回、Day Tripに申し込む際、値段に少し躊躇してしまいますが、先生方の手厚いフォローがあるので妥当な値段なのかもしれませんね。(小1男子のお母さん)
●園内で「まつぼっくり」を拾い、それを英語で教えてもらいました。家に帰っても、嬉しそうにみんなに見せて「まつぼっくりは、英語でpine coneって言うんだよね~」などといろいろ話をしていました。(年長男子のお母さん)
●遠かったですが、行ったことのない所で、個人的には連れて行かなかったと思うので良かったです。当日はたくさんの英語に浸かって英語モードになったらしく、帰りの電車でも英語を使っていました。去年のサマースクールでもそうでしたが、長い時間、英語に触れていると英語スイッチが入るようです。(年中男子のお母さん)
●すごく楽しかったんだろうなぁという顔で帰ってきました。暑すぎたので心配しましたが、帰り道はマシンガントークでした(笑)。たくさん英語使えたよ!動物がすごくかわいかった!見た動物を全て英語で教えてくれたのですが、親が知らない動物もいてビックリしました。とても勉強になり、楽しめたようです。(小3女子のお母さん)

 

2019-07-05

2019-0706

 

 


編集後記

Who keeps company with the wolf will learn to howl.

(朱に交われば赤くなる)
英文の直訳は「オオカミとよく一緒にいる者は遠吠えを覚える」です。人は付き合う人の良し悪しによって善悪どちらにも感化されます。デイトリップは、ポジティブに感化されるお友だちがほとんどです。子供たちにとってお友だちの存在は大。ニッセイトの平均在籍期間が約6年という驚異的な数字もお友だちの存在が大きいと思います。

 


 

 

ニッセイト英語専門教室

★池袋スクール
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F
★川越スクール
〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

体験レッスン・資料請求・各種お問い合わせはこちら
https://nissait.com/contact/

コース案内
https://nissait.com/course/

TOP