現在の高校2年生、民間英語試験活用方法

有限会社ハース
  • 池袋スクール 03-3989-2111
  • 川越スクール 049-224-8641
本部事務局(営業のお電話はこちら):03-3989-2113

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F

〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

ブログ

現在の高校2年生、民間英語試験活用方法

まとめカテゴリースタッフブログ

2019/09/03 現在の高校2年生、民間英語試験活用方法

大学入試が2020年度より大きく変わります。
現在の高校2年生です。

 

英語は、中でも特に大きく変わります。これまでと一番の違いは、グローバル時代に対応した「使える英語力」を入試の材料にしようというようになったことです。

 

文科省は、下記7つの民間試験の採用を発表しました。

・新型英検
・GTEC
・ケンブリッジ英語検定
・TEAP
・TEAP CBT
・IELTS
・TOEFL CBT

現在の高校2年生は、来年4月から12月までに受けた試験の成績が、受験大学に送られ、合否の判定に活用されるというものです。

 

受験生は、自分の受験しようと思っている大学が、どの試験を推奨しているのかの情報を入手しなければなりません。
そして、いつ受験するのか、その試験会場はどこにあるのか、試験の申し込みはいつからなのかをしっかり調べてください。

 

上記各試験の収容人数は非常に限られています。うかうかhしていると、間違いなく希望の試験を希望する時期に受けられないという混乱が目に見えています。

 

新型英検の受験を希望される場合は、今月9月から既に予約申し込みが始まりました。

早めの準備が欠かせません。

 

2019-0903Asahi-入試準備

TOP