接続詞 “if or whether”

有限会社ハース
  • 池袋スクール 03-3989-2111
  • 川越スクール 049-224-8641
本部事務局(営業のお電話はこちら):03-3989-2113

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F

〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

ブログ

接続詞 “if or whether”

◆スタッフブログ

2022/06/22 接続詞 “if or whether”

中学生はもちろんのこと高校生も中間テストや期末テスト間近になるとピリピリし始めます。そんな中、

ある高校生に授業終了間際に、家のお父さんに「これあそこに置いておいて。」みたいこう質問されます。

生徒K:「間接疑問文のif と whetherってどう使い分けるの。」

Masa:「Kさんはもう帰らないといけないので、来週までにペイパーでわかりやすく書いて用意しておき

ます。」

生徒K:「ありがとうございます。」

この辺りはさすがニッセイトの生徒?

 

さて、一般の参考書を基にするとif とwhether の違いは次のようになります。

 

(1) if が「~どうか」:一般動詞の後のみ

 

I asked her if (= whether) she likes Japanese food.

 

(私は、彼女に和食が好きかどうか聞いた。)

 

 (2) whether が「~どうか」:be 動詞のあと、whether to 不定詞 、主語、補語

 

a). be 動詞のあと、whether to 不定詞

 

一般動詞の後はif と whetherは多くの場面で入れ替え可能です。

 

My teacher often asks me whether I eat breakfast every day.

My teacher often asks me if I eat breakfast every day.

(先生は私に毎日朝食を食べるかどうかしばしば聞く。)

*if はくだけた表現

 

We can not decide whether to go on a trip due to the ongoing COVID-19

situation.

(コロナ禍のため、旅行へ行くかどうか決めかねている。)

 

b). 主語の場合(ifはこの意味では使用しない)

 

Whether you will succeed depends on your efforts.

 

(成功するかどうかは努力次第だ。)

 

c). 補語の場合(ifはこの意味では使用しない)

 

The problem is whether he will come back here.

(問題は彼が戻ってくるかどうかだ。)

 

以上後日ペイパーに書いて例文とともに生徒Kさんに渡しましたが、それで納得

したのかもう質問なし。

 

whether or if

 

でももう少し掘り下げてみてみましょう。私がいつも文法で参考にさせて頂いているのは、

Oxford University Press 出版「PRACTICAL ENGLISH USAGE」です。

これには、

 

Indirect questions (間接疑問文)

 

We can generally use both whether and if to introduce indirect yes/no

questions.

 

「一般的に、間接的疑問文を導入するとき“if” or “ whether”両方とも使える。」

 

I’m not sure whether / if  I’ll have time.

(時間があるかどうかわからない。)

 

I asked whether / if she had any letters for me.

(彼女が私に何通か手紙があるかどうか聞いた。)

 

After some verbs, whether is preferred to if.

 

「動詞によっては“ whether”は“if”より好まれる。」

 

We discussed whether we should close the shop.

(その店を閉店するかどうか議論した。)

 

(More normal than We discussed if…

 

We discussed if… より普通」

 

In a formal style, whether is usually preferred in a two-part question with or.

 

「正式には“ whether” は ”or” の入った間接疑問文で好まれる。」

 

Let me know whether you can come or not.

(あなたが来れるかどうか教えて。)

 

(…if  you can come or not is also possible.)

 

「…if you can come or not is also possible. でも可能。」

 

ということです。

 

だだ上の”I’m not sure whether / if  I’ll have time.” の文を見るとbe 動詞の文でもif は使用でき

るようです。このように使われるメイン動詞(be 動詞を含む)により if whetherどちらが主に

使用されるかが変わってくるようです。どのメインの動詞がwhether / if に相性がいいか日本の文

法書にも書いています。ただ実際の場面でどのように使用されているかで体感したほうがより良く

理解されると思います。ネイティブスピーカーと会話する機会がない場合は、英語の小説などを原

書で読んだり、映画を吹き替えなしで見たりする機会が多ければ多いほどいいいと思えますが。現

実的には難しそうですね。

 

That is all for today.  Bye for now.

Written by Masa

***************************************************************

子供英会話なら実績48年のニッセイト英語専門教室

★池袋スクール ℡03-3989-2111
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F
★川越スクール ℡049-224-8641
〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

体験レッスン・資料請求・各種お問い合わせはこちら
https://nissait.com/contact/
***************************************************************

TOP