まとめカテゴリー

有限会社ハース
  • 池袋スクール 03-3989-2111
  • 川越スクール 049-224-8641
本部事務局(営業のお電話はこちら):03-3989-2113

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F

〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

ブログ

まとめカテゴリー

まとめカテゴリー

2017/12/27 ホームステイでつかんだ大きな自信

 「可愛い子には旅をさせよ」ということわざがあります。Manamiさん(中2)は、昨年8月、ユートレック主催によるアメリカホームステイプログラムに参加してきました。この経験で彼女が手に入れたものは、期待以上だったようです。


2018-01manami01

言葉を発しなければ伝わらない!

–ニッセイトには何歳から通われていますか?
2才からです。

 

–どうして英語を習うようになったのかご両親から聞いたことはありますか?
父は英語ができなくてすごく苦労したらしいんです。だから子供ができたら英語だけは習わせたいと考えていたようです。母はアメリカの大学を卒業しているので、子供にも英語はできるようになって欲しいと考えていたようです。

 

–今年度は、夏休みに約1ケ月間アメリカでホームステイ体験をしてきました。ホームステイは、自分で希望したのです?
小4で、2分の1成人式がありました。その時に、友だちが将来、海外でのホームステイや留学が夢だと言っていました。その時に初めて、ホームステイというものを意識するようになりました。ただ中学受験がありましたので、行くなら中学生になってからと思っていました。

 

–参加するにあたり1番不安だったことは?
伝えたいことが伝わらないで、キレられたらどうしようと不安でした。

 

–実際、どうでしたか?
全然、そんなことはありませんでした。ホストファミリーはとても素敵な家庭で、全員そろっての夕食が毎回、とても楽しかったです。

 

–どんなご家族構成でしたか?
私より1つ下の女の子と高1のお兄ちゃんがいました。お父さんと、お母さんは2人とも働いていて、昼間はシッターさんが来ていました。

 

–1番困ったことは何でしたか?
家族で外食に出かけることがあったのですが、メニューが読めなくて困りました。写真も載っていないし、わかるのはカロリーくらいで…。

 

–文化の違いで驚いたことはありましたか?
はい。ホストシスターが、今度中学に上がるのでその準備のための買い物に大きなスーパーに行った時のことです。そこで、同じように買い物に来ていた人と、話が盛り上がっていました。「初めて会った人ともこんなに親しく話をしちゃうんだ!」と驚いてしまいました。

 

–このホームステイの体験で一番得たものは何だと思いますか?
自信です。最初は、自分の英語が伝わらず、何度も聞き返されて情けなかったですが、「アメリカでは、待っているだけでは誰も助けてくれない。自分から働きかけないとだめだ」と決心し、とにかくわからなければ質問をし、自分の意見を言うように努めました。帰国前に、ホストマザーから、「あなたは自分の意見をちゃんと伝えられるようになったわね」とコメントをもらいました。それを聞いて本当に嬉しかったです。そして、今回の体験で大きな自信がつきました。

 

–英検準2級も合格でしたね。
ありがとうございます。今年、英語エリート養成コース準2級対策に入れてもらったおかげです。私、単語を覚えるのがすごく苦手だったのですが、毎週、キクタンを使ったテストをしているので、単語を覚えるのも苦でなくなってきました。学校の単語テストも良い成績につながっています。

 

–宿題以外に取り組んでいることはありますか?
英語エリート養成コースで勧められた多読多聴のリーディングファームに取り組んでいます。以前は読むスピードがすごく遅くて、長文を見ると圧倒されてしまうほうでしたが、最近では長文にも抵抗がなくなり、週に2冊~3冊くらい読んでいます。

–これから目標にしていることはありますか?
高校3年生までに、英検準1級に合格していると大学入試においていろいろな特典があると聞いているので、それまでに合格できるように頑張りたいと思います。そして、大学は、お母さんのようにアメリカの大学に留学してみたいです。

 


以心伝心…じゃなかった2018-01manami02

Manami Minakuchi

私は、アメリカのコロラド州に1ヶ月間ホームステイをしました。最初の1週間はキャンプに参加しました。雄大なロッキー山脈での乗馬や満天の星空、美しい鳥の鳴き声は初めての体験で、感動しました。

翌週からは3週間、ホストファミリーと過ごしました。とても仲のよい家庭で、私を家族の一員として受け入れてくれたことが嬉しかったです。しかし、自分の意見を伝えることは想像以上に難しかったです。日本ではすべて言わなくても伝わることも、アメリカではちゃんと言葉にしないと理解してもらえないことがよくありました。相手に気持ちが伝わらない時、とてもイライラし、情けなかったです。多少の自信があった発音も、何回も聞き返され落ち込むことも。そこで「他人に自分の気持ちを察して対応して欲しいと思うのは違う文化では傲慢なことなのかも」と気づきました。それからは、わからない時は質問をし、自分の意見をちゃんと言おうと心に決めました。学校や政治の話題等、どんな会話にも入っていきました。

その甲斐あってか、帰国前にホストマザーに褒められました。「あなたは自分の意見を持ち、それをちゃんと伝えようとしている」と。それを聞いて本当に嬉しかったです。

私は、このホームステイの体験から、コミュニケーションが取れることの喜びと大切さを学びました。

 

 


今回のホームステイプログラムでは、大変お世話になりました。元々、社交的な子供でしたが、一緒にコロラド州に行った皆さんととても仲良くなり、ホームステイ先の家族とも積極的に交流できたようで、さらに社交的になったように思います。帰国後、自分の意見をはっきり言う機会が増えました。ホームステイではごく普通の生活を体験させていただいたようですが、それが良かったのだと思います。私たち親に、ホームステイに参加させてくれたお礼を頻繁に伝えてくれます。いろいろな体験を通して自立していって欲しいと考えていますが、私が期待していたよりもはるかに加速されるきっかけになったように思います。このような素晴らしいプログラムがずっと続くと良いな、と思います。

(母)Minakuchi

 


 

平成29年度 第2回英検合格者

5級

金子由芽(小3)  松本梅果(小3)  太田裕大(小3)  五十嵐仁望(小4)
門屋凛(小4)  清水美輝(小4)  沼田涼寧(小4)  佐藤大雅(小4)
栁澤佑哉 (小4)  櫻井怜(小4)  関口春果(小5)  富樫悠奈(小5)
髙橋結望(小5)  長島綾音(小5)  柳井沙和(小5)  渡辺芽依(小5)
関根康貴(小5)  高尾大輝(小5)  伊藤ゆきの(小6)  佐藤瑠捺(小6)
弓座海音(小6)

4級

川口創生(小2)  田中陽登(小3)  上原夕依(小4)  大倉遥(小4)
小野﨑愛乃(小4)  小野悠希(小4)  立原主税(小4) 上 田美桜(小5)
山口優音(小5)  池澤茉奈(小6)  林和香菜(中1)  菅谷遙介(中1)
新井柊羽(中2)  瀧澤柚季(中2)

3級

小松咲來(小1)  金瑛華(E)(小5)  中野蒼和子(E)(小5)
横澤真結子(小5)  大沼えれな(小6)  奥山花音(小6)
川村拓幹(小6)  保刈彩菜(中1)  相沢亮太(中1) 野原綾(中2)

松田美代(中2) 横澤梨々子(中2)  門屋新大(中2)  関根俊介(中3)

高澤孝介(中3) 助川己太郎(高3)

準2級

原田隆盛(E)(中1)  辻怜奈(E)(中2)  水口愛海(E)(中2)
伊波川彩名(中2)  新堀貴大(中2)  伊藤雅貴(中3)  高澤孝介(中3)

古川優斗(高2)  長谷川拓海(高3)

2級

後藤涼奈(E)(中3)  小平航大(E)(高1)

準1級

小林千裕(大2)  荒幡楓(大3)

※(E)英語エリート養成コース受講者

 

 


編集後記

If you love your child, send him/her out into the world.

(可愛い子には旅をさせよ)

感受性豊かな若い時に、一人で海外ホームステイの体験をするって本当に素晴らしいと思います。しかし、だれでも海外に行けば素晴らしい体験ができるというものでもありません。本人が困難に直面した時にどんな行動が取れるかはお子さん次第です。人は冒険することでたくましくなります。英語を習う多くのお子さんたちにこんな体験をぜひして欲しいな、と切に思います。

 

 

ニッセイト英語専門教室

★池袋スクール
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F
★川越スクール
〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

体験レッスン・資料請求・各種お問い合わせはこちら
https://nissait.com/contact/

コース案内
https://nissait.com/course/

2017/12/09 小3・小4の英語教材は『Let’s Try!』

2019年12月8日朝日新聞夕刊

 

先日、小学校の5年生、6年生で使用される教科者『We Can』を見せてもらったとご報告させていただきました。

小学3年生、4年生は英語は教科でなく、「外国語活動」として小学校のカリキュラムに組み込まれます。そのテキストが完成したとのニュースです。内容は、現在の小5・小6年生が使っている者よりも、ゲーム色が薄れ、小学5年生から始まる教科としての英語に備えた内容のようです。希望する小学校には今年度中にすべてはいふするとありました。

2017-1209-asahi

 

 

ニッセイト英語専門教室

★池袋スクール
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F
★川越スクール
〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

体験レッスン・資料請求・各種お問い合わせはこちら
https://nissait.com/contact/

コース案内
https://nissait.com/course/

2017/12/06 小学校の英語教科書「We Can」を見せてもらいました

2020年からいよいよ公立の小学校で使われる英語の教科書「We Can」を見せてもらいました。

内容的にはなかなか英会話教材として素晴らしいものでした。小学校の英語では約700語の英単語を履修することになっています。現在の中学校では約1200語です。2020年度以降の中学校の履修単語は約2400語とこれまでの倍となります。中学校の英語は、すべて英語で授業を行うことが指針となっています。

 

これって本当に実現可能と文科省は考えているのでしょうか?理想を高く持つことは大切です。しかし、あまりに現実離れしているように感じるのですが・・・。

 

We Can

 

 

 

https://resemom.jp/article/2017/09/22/40483.html

 

 

 

 

 

 

ニッセイト英語専門教室

★池袋スクール
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F
★川越スクール
〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

体験レッスン・資料請求・各種お問い合わせはこちら
https://nissait.com/contact/

コース案内
https://nissait.com/course/

2017/11/22 英語エリートコース、英検合格者続出!

平成29年度第2回の英検2次の発表があり、今週は、生徒さんたちから合格の発表が続きました。
英語エリート養成コースに通う生徒さんたちからもたくさんの合格の報告が届きました。
おめでとう!

英検2級合格
Suzuna(中3)、Kota(高1)

英検準2級合格
Ryusei (中1)、Manami(中2)、Reina(中2)

英検3級合格
Sowako(小5)、Young Hua(小5)

後日、インタビュー特集を組みます。お楽しみに。

ニッセイト英語専門教室

★池袋スクール
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F
★川越スクール
〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

体験レッスン・資料請求・各種お問い合わせはこちら
https://nissait.com/contact/

コース案内
https://nissait.com/course/

2017/11/11 2020年度から4年間、国立大の入試英語、全受験生に共通テストと英検など外部テスト必須

2017.11.11朝日新聞朝刊

大学入試のセンター試験が2020年度から大きく変わります。
これまでは、英語の4技能「読む」「聞く」「書く」「話す」の上達度を見るため、英検などの外部テストを併用すると報じられていました。
しかし、先の国立大学協会は、マークシート形式の試験と民間試験の双方を、一般入試の全受験生に果たすことに決定したそうです。
つまり、英検などの外部試験は全員が受験しなければならなくなりました。

この流れは、国立大だけでなく私立大学にも同じような対応が求められていくことになると思います。
英語学習者はこのことを視野に、高校生在学中に英検2級、または準1級を目指して欲しいと思います。

2017-1111Asahi

ニッセイト英語専門教室

★池袋スクール
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F
★川越スクール
〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

体験レッスン・資料請求・各種お問い合わせはこちら
https://nissait.com/contact/

コース案内
https://nissait.com/course/

2017/10/14 CEFR(セファール)って何?

CEFR(セファール)とは、「Common European Framework of Reference for Languages」の略称でヨーロッパ言語共通参照枠と訳します。ヨーロッパ言語圏での語学レベルの指標を示す国際標準規格とされています。

 

多言語が行き交うヨーロッパでどの言語でどれくらいの語学力(特にその語学を使ったコミュニケーション力)があるのか、共通して測る物差しとして欧州評議会(Council of Europe)が研究し開発したもので、2001年から公式に活用されています。

 

大学入試では、英検準1級合格レベルが、CEFR(セファール)の成績では、B2になります。この成績を提出することで、英語試験免除、英語試験は満点換算してくるところが多く、大学受験にもかなり有利です。

 

CEFRレベル

 

CEFRスコア比較表

 

 

 

ニッセイト英語専門教室

★池袋スクール
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F
★川越スクール
〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

体験レッスン・資料請求・各種お問い合わせはこちら
https://nissait.com/contact/

コース案内
https://nissait.com/course/

2017/10/14 2020年度国立大学入試はマークシート方式と民間試験両方必須

2017.1014朝日新聞朝刊より

 

2017-1014Asahi

 

国立大学協会は、2020年度から、大学入試センター試験の後継として始まる「大学入学共通テスト」と、英検などの民間試験の両方を必須で受験生に課すという方針を発表しました。

 

つまり、国立大学を受験する生徒は、英語に関しては、「共通テスト」の受験以外に、英検などの試験結果も提出しなければならないということです。

 

英検などの成績は、合否だけでなく、CEFR(セファール)という国際基準に対応させたレベルで評価されるようです。

 

CEFRスコア比較表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CEFRレベルニッセイト英語専門教室

★池袋スクール
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F
★川越スクール
〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

体験レッスン・資料請求・各種お問い合わせはこちら
https://nissait.com/contact/

コース案内
https://nissait.com/course/

2017/10/11 元生徒さんのお母さんから嬉しいお便り<東京都主催次世代育成リーダーに選ばれアメリカ留学>

 

ニッセイトに幼児のころから通われていた生徒のお母様から一通のメールをいただきました。
生徒の名前はJuiちゃん。現在高校2年生です。

 


『こんにちは。Toshi、他スタッフの皆様。お元気と思います。在籍中は本当にお世話になりました。ご報告がありご連絡を致しました。Saayaに続いてJuiも東京都次世代リーダーで、822日アメリカに出発し、ミシガン州のWaterfordHighschoolへ通っています。帰国は、来年6月です。Juiはラッキーな事に作年、韓中日UNESCO YOUTH FORUM2016で、ユネスコに登録されている高校から3校の中の12名に選ばれて韓国に行き、環境問題について英語で話し合うと言う貴重な体験をしました。これも身になる英語を教えていただける環境を頂いたニッセイトのお陰です。本当に感謝です。Juiが成長して帰ってくることを楽しみにしたいと思います。ありがとうございます。


 

ニッセイトで英語と出会い、英語の楽しさを体験し、その英語をモノにした生徒さんが、こうやって世界で活躍する次世代リーダーに育っていることを心より嬉しく思います。

 

 

ニッセイト英語専門教室

★池袋スクール
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F
★川越スクール
〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

体験レッスン・資料請求・各種お問い合わせはこちら
https://nissait.com/contact/

コース案内
https://nissait.com/course/

2017/09/30 夏休み特別イベント サマースクール報告

今年は暑い夏を覚悟していましたが、終わってみれば雨が多く、夏を満喫できず、どことなく消化不良的な夏休みを過ごされた方も多かったのではないでしょうか?しかし、ニッセイトのサマースクールは、天気に左右されることなく熱く盛り上がりました。

2017-10asakusa

浅草外国人観光客インタビュー

 企画チーフ:Atsumi Nakajima

 

毎年恒例の浅草の外国人観光客へインタビュー、今年はこれまでで最高57名の生徒さんが参加してくださいました。毎年恒例ではありますが、私たちは内容を毎年バージョンアップさせてきました。
今年は、参加者にインタビューしたい質問をひとつ考えてくるという宿題を出しました。その内容は私が予想をしていた質問よりもバリエーションがあり、また、自分が考えた質問は与えられた質問よりもスラスラと出てきているように思え、“自分の聞きたい事を聞く”ことの重要性を感じました。
まだまだ全体的にスムーズに進んでいるとは言い難いですが、これまで自分が覚えた質問をするだけで精一杯だった生徒さんが相手の答えを聞き、去年よりもリアクションをし、質問されても対応している姿をたくさん見ることができました。
帰りの電車の中では、インタビューが上手くできなかったと言っている子が「来年はもっといっぱい練習して参加する!」と言ってくれました。英語を実践で使う事でこんなにも子供たちのモチベーションが上がるのか、と再確認。こういった機会が子供たちの英語学習に不可欠だな、と改めて思いました。

《保護者の方から》

◆作ったファイルを見せながら、インタビューをした人のこと、ファイルつくりが大変だったこと、当日の出来事をたくさん話してくれました。自分が話したことが相手に伝わったという体験が嬉しかったようです。また、毎回「浅草」という場所で新鮮味に欠けてしまうのではと心配でしたが、本人はメンテナンスシート(メタルサイレント32専用2枚組)「インタビューする人が毎回違うから気にならない」と言っていました。私の勝手な思い込みでした。(笑)
(小4男子のお母さん)
◆外国の方と会話する機会はなかなかないので、今回のサマースクールに参加して貴重な体験ができました。他の国の方たちとのコミュニケーションを「楽しい!」と感じてくれれば、将来的に世界が広がっていくと思います。(小3男子のお母さん)

 


《開催場所に関して》

毎年みなさまからいただくアンケートには「違った場所では?!」といったご意見をいただいておりますが、参加者の生徒さんはそれぞれが2人にインタビューをする事を必須としていて、一日に60名以上の外国人を見つけられる場所はなかなかありません。また、浅草は池袋校から30分以内で行け、雨の場合でも屋根のついたアーケードがあるため天候にもあまり左右されないなどの利点があります。この利点を上回る以上の場所がない限り、場所の変更は難しいと考えております。


2017-10-chinatsu2017-10-01chinatsu

2017-10-satoshi

 

2017-1003satoshi

 


サマースクール(幼児、小学校低学年対象)
「宇宙探検」をテーマに

     企画チーフ:Aya Izumi

 

幼児~低学年向けのサマースクールは、7月27日(木)~29日(土)の3日間、朝9:30~午後3:00という日程で行われました。今年のテーマは「Space Exploration(宇宙探検)」、宇宙に関連した工作やクッキングなどのアクティビティを、たくさんの英語を使いながら楽しみました。
毎年一番人気のアクティビティであるクッキングでは、「宇宙」にちなんで「エイリアンパフェ」作りに英語で挑戦しました。メロン味のゼリーやヨーグルトを朝のうちに作っておき、午後それをカップに入れたあとに、ポッキー、マシュマロ、ベビーチョコで目を作ったらできあがりです!テキストやカードで習った単語、”water” “hot water” “cup” “bowl” “cookies” “bag” “yogurt” “chocolate”など、実際に英語で言い、手に取って使うことによって、より英語を身近に感じられたのではないかと思います。
その他、自分でデザインしたエイリアンが乗ったUFOや、飛ばして遊ぶロケットも作りました。レッスンで学んだことのない英語表現もたくさんありましたが、英語で頼まないとパーツがもらえないので、皆がんばって発話してくれていました!
毎年恒例になっているカフェテリアスタイルのランチタイムでも、”I’m hungry.” “I’m finished.” “Can I have more spaghetti, please?” “It’s yummy!”など、英語の会話が聞かれ、とても嬉しく思いました。

 

2017-10-02space

 


 

《保護者の方から》
◆毎週のレッスンに少しモチベーションが下がっているように感じたので、違った雰囲気で楽しく過ごせればと思いました。帰宅後も工作で作ったロケットやUFOでいつまでも楽しそうに遊んでいました。英語をたくさん話してがんばったと本人は満足した様子でしたので良かったです。  (6才女子のお母さん)

 


編集後記

In the middle of difficulty lies opportunity.
(困難の中に機会がある)
上達心のある生徒さんは、同じことをやるのでも常に新しいことにチャレンジし、上達しています。1年目は自分の覚えた質問を言うだけで精一杯だった生徒さんが、次の年には相手の答えを聞き取れるようになり、次の年には自分で質問を考えて聞いてみたいと思うようになる。上達している生徒さんは、与えられたチャンスに一生懸命取り組んだ人です。

 

《動画によるインタビュー風景はコチラ》

2017/09/09 英語デイトリップ「ボーリング大会」

 今年第2弾のデイトリップは小学生を対象としたボーリング大会でした。ランチは池袋スクールでピザパーティー、そして午後にはボードゲーム大会をして過ごしました。参加者は生徒32名、スタッフ9名でした。

科学博物館の予定では?!

当初、小学校高学年対象のデイトリップは科学博物館を予定していました。第一候補に挙げた博物館は、お台場にある『ソニーエクスプローラサイエンス』です。私たちスタッフは春休みの期間を利用し、下見に行ってきました。楽しそうな展示や体験ができそうなのでワクワクしながら下見に臨んだのですが、課題がありました。子供たちから英語を引き出すのに適しているかという点です。いろいろな科学体験ができることは非常に良いのですが、ほとんどが日本語の解説を必要とします。また、会場には他の来訪者もたくさんいます。ここで英語の世界を創り出すのは非常に困難ではないかというのが、私たちの一致した意見でした。近隣の日本科学未来館にも足を運んでみましたが、ここも同じでした。そこで候補に挙がったのが数年前に雨プログラムで人気の高かった「ボーリング大会」です。

 

今回のデイトリップで始めて挑戦してみたことがあります。それは、英語を話すとスタンプがもらえるというスタンプシステムに頼らないことです。理想はスタンプシステムなどなくても子供たちが積極的に英語を使い、1日を過ごすことです。幼児や小学校の低学年ではスタンプシステムが非常に有効です。しかし、高学年生は英語を使おうという意識の高い生徒さんが参加するため、スタンプシステムがなくても子供たちは積極的に英語を使うのではないかと私たちは考えました。

 

デイトリップ当日を迎えました。季節は梅雨ですから、どうしても雨の確率は高くなります。この日も雨でした。しかし、室内競技ですから天候に左右されず実施できるのがボーリング大会の利点です。 池袋スクールに集合すると、グループに分かれて自己紹介が行われ、ボーリング会場のラウンドワンに向かいました。ボーリングが初めていという生徒さんも何人かいました。ラウンドワンは最新式のボーリング場だけあって、参加者名ごとにガーター防止を設定することもできました。各グループごとに2ゲーム行いましたが、とても楽しい時間を持つことができました。
英語に関しても私たちの心配は不要でした。子供たちは、同じフレーズの繰り返しという部分はありましたが、会場では英語が飛び交っていました。
昼食は、池袋スクールに戻ってピザパーティーです。大量に発注したピザも、育ち盛りの子供たちを前にみるみるなくなっていきました。それでも食べきれなく余ってしまいましたが、アンケートにはもっと食べたかったという感想もあり、人前で遠慮してしまった生徒さんもいたようで、今後に課題を残しました。
午後はローテーションでボードゲームを楽しみました。ゲームの内容は、ダーツ、ウノ、ゴキブリポーカー、おばけキャッチなどです。通常のレッスンでは行われないゲームに子供たちはとてもエキサイティングな時間を過ごしていました。
2017-09bowling3

2017-09yui-2

■参加費に関して
デイトリップの参加費に関して「近場なのに高すぎる」といったアンケートの回答がありましたので、少し説明させていただきます。
ニッセイトのデイトリップは朝から解散までを英語のレッスンとお考えいただければ思います。1日5~6時間をどっぷり英語に漬かるプログラムです。1ケ月分くらいのレッスン時間に相当します。
経費のほとんどはスタッフの休日出勤のための人件費に充てられています。私たちも一緒にいる時間、いろいろなアクティビティを楽しみながら、たくさんの英語のシャワーに漬かっていただけるよう努めております。ご理解いただけると幸いです。

 

SPELLING BEE (スペリング・コンテスト)
平成28年度 前期成績優秀者発表(7月実施)

 

GE6-1 部門
1位 100点 木村 未來(小2)
1位 100点 金井應介(小2)
1位 100点 二瓶遥羽(小2)
1位 100点 岩崎亜乃花(小3)
1位 100点 神谷菜月(小3)
1位 100点 高垣ねね(小3)
1位 100点 太田裕大(小3)
1位 100点 小倉圭祐(小3)
1位 100点 渡辺仁之亮((小3)
1位 100点 荻野 紗良(小4)
1位 100点 鈴木陸聖(小4)
1位 100点 樋口怜(小4)
1位 100点 荒井美咲(小5)
1位 100点 伊与部裕太郎(小5)
1位 100点 本澤隼(小5)
1位 100点 本澤祐翔(小5)
1位 100点 栁田惣次郎(小5)

GE5-1 部門
1位 100点 金子由芽(小3)
1位 100点 上原 夕依(小4)
1位 100点 二瓶結帆(小4)
1位 100点 沼田涼寧(小4)
1位 100点 関口春果(小5)
1位 100点 富樫悠奈(小5)
1位 100点 柳井沙和(小5)
1位 100点 高尾大輝(小5)
1位 100点 柳澤篤(小6)

GE5-2 部門
1位 100点 小野﨑愛乃(小4)
1位 100点 高瀬和愛(小4)
1位 100点 小野悠希(小4)
1位100点 鎌田凰生(小4)
1位 100点 伊藤百々花(小5)
1位 100点 諸田紗々(小5)
1位 100点 森美月(小5)
1位 100点 大竹七生(小5)
1位 100点 山口優音(小5)
1位 100点 宮澤怜(小6)
1位 100点 宮崎千尋(小6)

GE4-1 部門
1位 100点 岩田季補子(小5)
1位 100点 竹下春音(小5)
1位 100点 山口愛果(小5)
1位 100点 湯村美碧(小5)
1位 100点 小松海晴(小5)
1位 100点 川村拓幹(小6)
1位 100点 奥山花音(小6)
1位 100点 奥田菫(中1)
1位 100点 野原綾(中2)
1位 100点 横澤梨々子(中2)

GE4-2 部門
1位 99点 浦田望羽(中3)
2位 96点 小泉愛茄(中2)
3位 92点 荒川咲希(小6)
3位 92点 伊藤華凛(小6)

GE3-1 部門
1位 100点 牛窪晃基(中1)
1位 100点 助川綾美(中3)
1位 100点 関原遥香(中3)

 


平成28年度 第1回英検合格者

 

5級

川口創生(小2) 田中陽登(小3) 大倉遥(小4)
森本光雅(小5) 大竹七生(小5) 朴基浩(小5)

 

4級

鎌田凰生(小4) 小笠原蒔音(小5) 梶原彩叶(小5)
竹下春音(小5) 横澤真結子(小5) 西尾美莉(小6)
池澤健太(中2)

 

3級

小泉結愛(小6) 山下紗季(中1) 牛窪晃基(中1)
会田瑞希(中2) 井上純菜(中2) 大澤佳(中2)
安塚直央(中2) 水口愛海(中2) 泉咲来(中3)
浦田望羽(中3) 小野﨑愛奈(中3) 助川綾美(中3)
戸田達也(中3) 宮田尚翔(中3) 荒井竜成(高1)

 

準2級

細沼優花(中3)
平塚優羽(中3)
薄葉希(高1)
岡部樹(高1)

 

準1級

松田大幹(中1)

 

編集後記
He that touches pitch shall be defiled.
(朱に交われば朱くなる)
デイトリップのようなニッセイトのイベントには毎年、英語に対して積極的な生徒さんが参加しています。ですから、参加者はお互いに良い影響を与え合えるという利点があります。デイトリップの感想文で、「英語がもっと好きになった」「もっと英語が話せるようになりたいと思った」という感想も多く寄せられていました。嬉しい限りです。

 

 

 

ニッセイト英語専門教室

★池袋スクール
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F
★川越スクール
〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

体験レッスン・資料請求・各種お問い合わせはこちら
https://nissait.com/contact/

コース案内
https://nissait.com/course/

TOP