ブログ

有限会社ハース
  • 池袋スクール 03-3989-2111
  • 川越スクール 049-224-8641
本部事務局(営業のお電話はこちら):03-3989-2113

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-3 アークランドビル7F

〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-22 八十二銀行ビル5F

ブログ

ブログ

ブログ

2019/09/19 韓国パジュ英語村を視察してきました

9月15日から17日まで、NIE(NPO法人国際教育ネットワーク)の企画により韓国のパジュ英語村、及び韓国で最も大きい英会話スクールのひとつであるSDA Language Center の視察に行ってきました。

韓国は国策として英語教育改革に取り組み、英語教育に非常に力を入れています。

韓国「パジュ英語村」は、体験型英語学習ができる宿泊型の施設です。地域の小学校から大学の校外学習施設として、また、アジア諸国からの留学生の受け入れています。

ここでのプログラムの最大の魅力は、低価格で多国籍で同年齢の子どもたちが英語という共通言語を通じて国際交流ができることだと思いました。1グループは、5~6名の少グループの多国籍で構成されます。勉強するときも一緒、寝泊まりも一緒です。最もポピュラーなのが、5泊6日のプログラム。初日、同じ国の子ども同士が固まっているそうですが、2日目辺りから、少し会話をするようになる。最終日には、先生に注意されるほど、いろいろな国籍の子が一緒になって騒いだりするようになるのだそうです。

子供たち異国籍で同年齢の子どもたちと一緒に過ごす。共通言語は英語。生活を共にし、一緒に学習する中で、英語を駆使してコミュニケーションを取るようになります。子供たちは、英語の大切さを肌で感じることでしょう。非常に価値ある経験です。

DSC_3179DSC_3212IMG_0006
DSC_3179DSC_3172 DSC_3110

2019/09/11 英語民間試験は導入延期?!

来年度より実施予定の大学入学共通テストにおける民間英語検定試験の導入が危ぶまれています。全国高校長協会は、文科省に「英語民間試験の導入延期、制度の見直しを求める要望書」を提出したというニュースです。試験日や試験会場が未定だったり、収容人数が未定だったりし、不安要素が多すぎるというものです。受験生は、この方向性に惑わされることなく、しっかりと使える英語力を伸ばすことに今は集中しましょう。

【2019年9月11日朝日新聞朝刊より】

 

 

2019-0911Asahi

2019/09/10 英検合格実績2018年度

2018年度ニッセイト英語専門教室(池袋校&川越校)の英検合格実績です。
2018年度英検合格実績

 

 

2019/09/07 池袋スクールでAED救命講習を実施!

9月6日、豊島消防署の協力を得まして、ニッセイト英語専門教室の池袋スクールで、AED救命講習を行いました。
特に印象深かったのは、「胸骨圧迫」による心肺蘇生の重要性。

呼吸ができなくなると、酸素が体に行き渡らなくなります。
胸骨圧迫により、血液が酸素を送り出します。
呼吸が止まっても、胸骨圧迫を繰り返すことで、酸素を体の隅々に送り届けることができます。

救急車が到着まで20分以上かかる場合もあるが、とにかくそれまでは継続。

 

その間に、誰かにAEDを取ってきてもらう。
その間も、胸骨圧迫は続けなければならない。
そして、AEDの電源を入れて、メッセージ通りに作動させる。

 

「突然の心停止」には、電気ショックが最も有効とのこと。

AEDを使用して心拍再開率は、なんと57.90%
つまり、AED措置により半数以上の人の命が助けられるということ。

皆さんは、いざという時、AED使えますか?

 

IMG_1569IMG_1538

IMG_1563

IMG_1503

 

IMG_1500

 

 

IMG_1558

2019/09/03 現在の高校2年生、民間英語試験活用方法

大学入試が2020年度より大きく変わります。
現在の高校2年生です。

 

英語は、中でも特に大きく変わります。これまでと一番の違いは、グローバル時代に対応した「使える英語力」を入試の材料にしようというようになったことです。

 

文科省は、下記7つの民間試験の採用を発表しました。

・新型英検
・GTEC
・ケンブリッジ英語検定
・TEAP
・TEAP CBT
・IELTS
・TOEFL CBT

現在の高校2年生は、来年4月から12月までに受けた試験の成績が、受験大学に送られ、合否の判定に活用されるというものです。

 

受験生は、自分の受験しようと思っている大学が、どの試験を推奨しているのかの情報を入手しなければなりません。
そして、いつ受験するのか、その試験会場はどこにあるのか、試験の申し込みはいつからなのかをしっかり調べてください。

 

上記各試験の収容人数は非常に限られています。うかうかhしていると、間違いなく希望の試験を希望する時期に受けられないという混乱が目に見えています。

 

新型英検の受験を希望される場合は、今月9月から既に予約申し込みが始まりました。

早めの準備が欠かせません。

 

2019-0903Asahi-入試準備

2019/09/02 東京英語村TGG デイトリップ大好評!

年第2弾のデイトリップの開催地は、東京英語村TGG(Tokyo Global Gateway)でした。当初の募集定員は60名でしたが、約100名の生徒さんが応募。急きょ参加定員を増やす交渉を行い、最終的には、参加生徒95名、スタッフ11名、。総勢106名と過去最大規模のデイトリップとなりました。

 


子供たちの自主性を重んじる

 

TGGには、学習者の年齢、レベル、興味に合わせてたくさんのプログラムがあります。今回、私たちが参加したプログラムは、「英語で体験する5つの生活シーン」というものです。この生活シーンの中に9つのアトラクションが用意されています。

 

・Airplane (飛行機)
・Restaurant (レストラン)
・Souvenir Shop (おみやげや)
・Hotel (ホテル)
・Clinic (病院)
・Grocery Store (食料雑貨店)
・Pharmacy (薬局)
・Quick Bite (ファストフード店)
・Travel Agency (旅行会社)

 

2019-0902tgg

どれも、私たちが海外旅行などに出かけた時に遭遇するシチュエーションです。プログラムの特長は、各アトラクションで生徒のレベルに応じ“ミッションカード”が配布され、そのミッションを他人の助けを借りずに遂行しなければならないというものです。ミッションを遂行すると外国人スタッフからスタンプがもらえます。

 

今回の企画にあたり、いくつか心配されることがありました。「戸惑って行動できない生徒がいるのではないか」「グループ行動をとらせた方が良いのではないか」等です。しかし、TGGの趣旨は、「自分の英語力でやり遂げる経験」です。話し合いの結果、今回のデイトリップは、「子供たちの主体性を重んじよう」ということになりました。グループは作らず、どこから始め、どのアトラクションを巡るかも自由。

私たちの心配をよそに子供たちは果敢でした。

 

最初は、緊張していた様子の子供たちもミッションを1つクリアすると、表情がみるみる変わってきました。表情が生き生きとし、実に楽しそうなのです。次にチャレンジしたいことを自分で決め、自発的に各アトラクションを巡り、スタンプを集めていました。また、各アトラクションエリアのミッション以外に、スタッフに話しかけお友だちになれると、別のスペシャルスタンプがもらえるというボーナスプログラムもありました。子供たちは、スタンプを集めようと自らスタッフに話しかけ場内を走り回っていました。その積極的な姿、子供たちのたくましさには感動しました。

 


では参加者の感想、保護者の感想をご紹介します。

 

■TGGは、最近、学校からの手紙(情報誌)等でも良く耳にしていて気になっていた場所だったのですごくありがたかったです。親子で「行きたいねー」って話していた場所だったので、タイムリーに行けて感謝です。
<小3女子のお母さん>

 

■毎年参加させていただいているDay Tripですが、今回は、自分一人だけで挑むものだとわかると、急に不安が増したようで意気消沈。せっかくの体験を楽しんでもらいたいと思い、ネットで検索してどんなところなのか確認しました。こんなことは初めてでした。TGGは、大人の私も参加したいと思えるすごく魅力的な場所でした。息子には、「とにかくこれまでに習ったことを駆使して、間違えてもいいからたくさん話しかけてごらん!」と送り出しました。戻ってくるまでの時間、ずっと気が休まりませんでしたが、帰りの電車で「すげーおもしろかった!また行きたい!」と、行きの様子とは大違いのハイテンション。小学生最後Day Trip、思い出に残る経験をさせていただきありがとうございました。
<小6男子のお母さん>

 


2019-0909miku

 

 

2019-0906maho

2019-0904wakana


編集後記

Confidence is contagious. So is lack of confidence.
(自信は伝染する。自信のなさも伝染するのさ。)

 

TGGでとても楽しそうに、そして果敢にチャレンジする子供たちの様子を見ていて考えました。「何が、子供たちをこんなに楽しそうにさせるのだろう?」それは、子供たちが、自分の英語力に自信を持てていなかったのが、意外と簡単にミッションがクリアでき、自分の英語が通じると分かり、自信を持てたからではないでしょうか。

 

一方で当日、外国人スタッフの言っていることが分からずに泣きじゃくっている女の子がいました。その子はご家族で来ていました。英語学習経験の少ないお子さんなら無理もありません。初めての外国人、英語が分からない。異国にひとり放り出されてしまったような気持ちになってしまったのでしょう。しかし、ニッセイトの生徒さんたちはとても頼もしかったです。

 

2019/08/07 ダブルサポートで安心

ネイティブの先生と日本人コーディネーターのダブルサポートのため、不安な時やどうしても分からない時でも本人も親も安心できると思い決めました。
忘れっぽい子なのですが、ニッセイトで学んだ英語に関しては、いつ質問しても答えが返ってきます。

また、以前youtubeではプリキュアやアンパンマンばかり見ていましたが、今では英語の動画を見るようになりました。

担当の先生たちが、娘の特徴や性格をしっかりとらえてくれていること、レポートカード(通信簿)の評価が的確!!ということを感じています。

レッスンを通し、失敗を恐れずに自分の意見や考えをbig voiceで言えるような子になって欲しいです。
じゅりちゃん( 6歳)のお母さん

 

juri-01

2019/08/07 英語が好きになるレッスン

子供が楽しく通えそうな雰囲気だった事、何よりもレッスンがネイティブと日本人の2人で行われているという事が大きな決め手でした。通い始めてからも毎週楽しそうで、自宅では英語のyoutubeをずーっと観ている姿に驚きます。教室以外ではアウトプットの機会が少ないですが、サマースクール後、アイスクリームを食べていると#Eating icecream?#や、ウソをついた主人に #Telling lies?狽ニ家で自然に英語で話していて感激しました。沢山の英語が耳に入ったおかげで、頭の中にある言葉がスッと出てきたのだと思いました。
また、レッスンの合間に聞こえてくるスタッフ同士の何気ない英語での会話の様子は、授業で使うフレーズとは違うものもあり、良いと思います。季節ごとにイベントがあり、私が子供だったら英語好きになると思えるような充実した環境がとても気に入っています。

 

みつきくん(4歳)のお母さん

 

Mitsuki1

2019/08/07 ペアレッスンで充実のサポート

見学に行った際、子どもが楽しそうに参加している姿を見て決めました。また、外国人講師と日本人講師のペアでレッスンが進められ、分からない子への日本語に頼らないサポートもきちんとあり、英語を口にするチャンスが沢山あることに魅力を感じました。入学してからは、ポロッと英単語を言ったり、英語で歌を口ずさんだりするようになりました。
また、担当講師以外の方も気さくに声を掛けて下さり、下の娘を含め、ニッセイトのスタッフ全員で子供達の様子を見て下さっていて安心できるので、親子共々ニッセイトが好きになりました。そして、レッスンの振替があるのも気に入っている点の1つです。

 

そうたくん(4歳)のお母さん

 

Sota1

2019/08/07 ALL ENGLISH

幼稚園はインターナショナルに行き、小学校は公立を選択した中で、今後の英語との関わり方という課題を抱え、限られた時間の枠で効率よく英語環境へのスイッチが入るスクールを探していました。ニッセイトは先生方の ALL ENGLISHを徹底する姿勢と、同じ年頃のお友達とも英語でコミュニケーションをとることが自然に行われる点が気に入り通うことにしました。

スタッフがとても熱心で、レッスンに工夫が凝らされている点もとても気に入っています。一人一人の様子を細かく見て下さっている点は際立っています。そして、授業では同じことの繰り返しではなく、ディスカッションのようなものも行われていて有意義なものだと思います。
ゆなちゃん(7歳)のお母さん

 

Yuna 1

TOP